スポーツコーチングとアスリートサポートのスポーツコミュニティ

検索内容

キーワード検索

GWSブログ
トップページ > GWSブログ

記事詳細

バディスポーツ幼児園について知る 2016-11-22

みなさんこんにちは。

GWS代表の水下です。

 

 

先日キッズビリヤードイベントの要項を掲載したので、今回も子供の教育に関連した記事にしようと思います。

 

みなさんは『バディスポーツ幼児園』をご存知でしょうか?

 

スポーツ幼児園と書いてるだけあって他の幼稚園とは違い、スポーツを学ぶ事で子供の成長を図る事を目的とした園なのです。

 

この名前を知った時、なぜ「幼稚園」ではなく「幼児園」なのだろうと疑問に思いましたが、調べていくと国からの認可が下りていない為、「幼稚園」とつける事ができないのだそうです。

 

しかし、これはマイナスなイメージではなく、幼稚園と認めらてしまう事で教育に制限ができてしまう為、意図的に認可をもらっていないようです。

 

具体的にどういった制限かというと、「幼児教育は4時間以内にする事」や「保育の場で教育をしてはならない」などが、幼稚園・保育園を管轄している役所から決まり事として出されています。

 

国としては子供の安全を第一に考えた上での御触れなのだと思いますが、バディスポーツ幼児園では多少危険な環境であっても子供をたくましく育てる為なら積極的に取り入れていくようなイメージを受けました。

 

朝は約4劼離薀鵐縫鵐阿ら始まり、跳び箱や鉄棒など、他にも子供達がみんなで三点倒立している所がとても印象的でした。

その他にもサマーキャンプやスキーキャンプなどのイベントで、小さな園児達が普通に登山やスキーに取り組んでいる姿はとても素晴らしく思います。

 

という積極的な園なので、中には危険だという良くない評価もあり、実際過去にプール内で起きた事故なども取り上げられていました。

 

最近の教育はより一層過保護になっている傾向があるので、ある種時代に逆行している園とも言えるかもしれませんが、私個人的な意見としては幼少期からこのくらいたくましく育った方が将来的に立派な人間になるのではないかと思います。

 

ややネガティブな書き方にはなってしまいましたが、実際に入園させようと思ってもほとんどがキャンセル待ちの状態で、入園もかなりの倍率になっています。

 

月額費用も通常の幼稚園・保育園と比較するとやや高い設定にはなっていますが、バディスポーツ幼児園の方針に賛同している親はたくさんいるという事だと思います。

 

ちなみにこの園の卒業生には、サッカー日本代表でもある武藤嘉紀選手や女優の土屋太鳳さんなどがいます。

この二人の情報だけでも一気に入園希望者が増えそうな気はしますね。

 

 

 

賛否両論あるかもしれませんが、私はこういう素晴らしい志を持った教育施設があれば、そこで学んだ子供達は自分の意志をしっかりと持ち、たくましい人間に成長していくと思います。

 

 

そういう子供達が、将来の強い日本を支えていってくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

コーチを探す(個人)

コーチを探す(団体)

GWSブログ
スポーツコラム
メルマガ会員募集中
水下広之ブログ
LINE twitter facebook