スポーツコーチングとアスリートサポートのスポーツコミュニティ

検索内容

キーワード検索

GWSブログ
トップページ > GWSブログ

記事詳細

量より質を高める 2016-02-19

たとえば今みなさんが取り組んでいるスポーツで、さらに上達したい、苦手な所を克服したいなどと思った時に、みなさんはその為にどんな練習をしますか?

 

 

アスリートが試合で勝つ為に、練習に時間を使うという事は当たり前の事ですが、もし今までの半分の時間で習得できる効果的な練習方法があれば、残った半分の時間はさらにスキルアップする為の時間や体を休める時間にも使えますね。

 

 

いわゆる「量より質」の考えを探究していく事が、今後の指導者の課題でもあると思います。

 

 

そこで、とても興味深い研究結果の記事がありました。

 

新しいスキルを今までの2倍の速度で身につける方法

 

こちらは反復練習に対して、多少の変化を加えていくべきという意見です。

 

 

私自身もビリヤードのレッスンで反復練習は必ずと言っていいほど課題に出していますし、自分自身の練習でも同じショットを反復練習する事で習得してきたと思っています。

 

 

記事によると、一度覚えた記憶は思い返す(ここでは反復練習)度に一度不安定な状態になるが、その後再び安定した状態に戻るのだそうです。「記憶の再固定化」

 

 

これを踏まえて考えると、私自身が経験して思っていた事なのですが、試合直前に不安なショットを反復練習しても、試合で結局失敗するという経験が何度かあります。

これは、試合の時はまだ記憶が不安定な状態で再固定化される前の状態という事だったのでしょうか。

 

 

 

とりあえず、反復練習に少しの変化を加えて練習してみるという事を色々な競技で実験する価値はありそうですね。

 

私も自分の競技で検証してみたいと思います。

 

 

 

コーチを探す(個人)

コーチを探す(団体)

GWSブログ
スポーツコラム
メルマガ会員募集中
水下広之ブログ
LINE twitter facebook