スポーツコーチングとアスリートサポートのスポーツコミュニティ

検索内容

キーワード検索

スポーツコラム
トップページ > スポーツコラム

記事詳細

ボールパーソンについて 2017-05-15

みなさんこんにちは。

GWS代表の水下です。

 

 

少し前の話になりますが、サッカーJ2リーグの試合で徳島の選手がボールパーソンに対して行った行為が大きく取り上げられました。

 

非常に残念な事でしたが、選手側もボールパーソンに対して直接謝罪を行うなど誠意ある対応をしていましたし、これから人間としても目標にされるようなプロ選手を目指して一生懸命頑張ってほしいです。

 

元々ボールパーソンという言葉は知っていたけど、今回の一件でボールパーソンはどんな人が携わっていて、どんな役割を果たしているのか気になった人も多いのではないでしょうか。

 

ボールパーソンとは、テニス、野球、サッカーなどの試合で使用するボールを管理する人達の事で、主に試合進行をスムーズにする為の大きな役割を担っています。

 

競技によっても違いますが、将来その競技のプロを目指している子供達が就いているケースが多いです。

 

その中でもボールパーソンと言えば私はテニスが一番最初に思い浮かびます。

特にグランドスラムの一大会でもあるウィンブルドンのボールパーソンは毎年強く印象的に残ります。

 

彼らはウィンブルドン区域内または近郊にある中学校に通う生徒たちから選抜されていて、毎年1000人くらいの希望があるそうです。

 

希望者には筆記試験に加えて、反復横跳び、短距離走、スクワットなどの体力測定そして技術測定を行い、この試験に合格した子供達が、本番に向けて厳しいトレーニングを積む事になるようです。

 

ここまで大変な思いをしても憧れのスター選手にボールを渡したいと思うんですね。

 

今回のJリーグでのボールパーソンも同じ思いだったかと思うと少し辛い所です。

しかし、今回のサッカーだけに限らず、テニスや野球など他の競技でも同じような事が起きています。

 

子供達が真っすぐ追いかけていけるような選手達であってほしいです。

 

 

最後はボールパーソンの良いシーンも見てもらおうという事で、鍛え上げられたボールパーソンのスーパープレイを載せておきます。

 

 

 

選手を近くで見れたり選手に直接ボールを渡せたりなど良い事もたくさんありますが、ボールが当たったり怒られたりと辛い事も経験しなければならない。

 

そんな頑張っているボールパーソン達にも注目してこれからは試合を観るようにしたいと思います。

 

 

コーチを探す(個人)

コーチを探す(団体)

GWSブログ
スポーツコラム
メルマガ会員募集中
水下広之ブログ
LINE twitter facebook