スポーツコーチングとアスリートサポートのスポーツコミュニティ

検索内容

キーワード検索

スポーツコラム
トップページ > スポーツコラム

記事詳細

キュースポーツの王様『スヌーカー』 2016-03-14

日本ではあまり馴染みのない「スヌーカー」という競技。

 

 

しかし、「スヌーカー」は世界でも成功しているキュースポーツなのです。

 

 

ちなみにキュースポーツとは、キュー(ボールを撞く棒状の道具)を使って行われる競技の事で、主に、「プール」、「スヌーカー」、「キャロム」の三種目に分けられます。

 

日本で一番有名な競技は「プール」で、ビリヤードと言われるとすぐにイメージできるのではないでしょうか。

※前回の豆知識でも取り上げています。  『ビリヤード』プロの世界とは!?

 

スヌーカー発祥の地はイギリスで、イギリスでは伝統あるスポーツとして知られ、多くの方がテレビ放送を見ています。日本でいう相撲みたいな感じでしょうか。

 

 

 

ではスヌーカーが実際にどんな競技なのかをざっと説明していきます。

 

 

 

 

一番右にある白いボールを撞いて、テーブル上にあるカラーボールを6つあるポケットに入れていく競技です。

 

ビリヤードを経験された事がある方はすぐにイメージできると思いますが、実際にはビリヤードテーブルの倍以上のサイズで、ボールも一回り小さいボールを使用します。

 

スヌーカーは点数制で、カラーによって点数が違います。点数の振り分けは図のポイントをご覧ください。

 

【主なルール】

最初に必ずレッドを狙わなければいけません。

レッドを入れる事ができたら、次にカラー(何色を狙ってもよい)を狙う事ができます。

この時にカラーを入れる事ができたら、入れたカラーはもう一度定位置に戻ってきます。(レッドは戻ってきません)

カラーが入ったらまた レッド→カラーレッド→カラー というふうに、入れ続けている限り自分のターンが続きます。

ショットが外れてしまった場合は、相手のターンになり、相手はまたレッドから狙わなければいけません。

カラーはレッドがなくなるまで、必ず定位置に戻り、テーブル上にレッドがなくなったら今度は点数の低い順にカラーを狙って落としていきます(レッドがなくなったらカラーは定位置に戻ってきません)。

 

こうしてテーブル上の全てのカラーがなくなった時に点数の多いプレイヤーが勝ちとなります。

 

【ゲームの進め方】

カラーはブラックが7点と一番点数が高く、レッドから離れていくにつれ点数が一点ずつ下がっていきます。

 

ブラックが一番点数が高い理由は、外した時に一番リスクが高いボールだからで、ブラックを外してしまった後は、相手がレッドを撞きやすい場所に残ってしまう事が多いからです。

 

レッドから距離のあるカラーは、リスクが少ない為それだけ点数が低いという事です。

※今回は細かいファウルのルールなどは省かせて頂きました。

 

 

そして、もちろんこの競技にもプロ選手が存在し、世界中でツアーが行われています。

 

 

こちらが試合会場の風景です。

超満員!!

 

ちなみに気になる賞金額ですが、

5月にイギリスで開催される世界選手権の優勝が日本円にして約6000万円。

それ以外のトーナメントでも1000万円〜3000万円クラスの試合が多く開催されています。

 

この金額を聞くとスヌーカーがメジャースポーツとして成功しているという事がわかりますね。

 

 

そして、最後にスヌーカーの一番の魅力をお伝えしたいと思います。

 

先ほどのルール説明からボールの点数を計算していくとテーブル上には最大で147点ある事になります。

レッド→ブラックを全て繰り返した場合という事ですね。

 

スヌーカーでは連続して入れ続ける事ができた点数を「ブレイク」といい、147点は「マキシマムブレイク」と呼ばれています。

 

ちなみにこのマキシマムブレイク、アマチュアではそうそう出せるモノではありません。

ゴルフでいうホールインワンみたいな扱いで、プロの試合では驚愕の報奨金も用意されています。

 

そして、これが実際にプロ選手による147動画です。

 

 

素晴らしいプレイですね!!

スヌーカーは見ていても本当に楽しいスポーツなのです。

 

見ているだけでも充分楽しいのですが、これを見て自分もプレイしてみたいと思って頂いた方の為に、実際に東京都内でスヌーカーがプレイできる場所をご紹介しておきます。

 

「SNOOKER CLUB」

「BILLIARD ROSA」

「BAGUS 新宿店」

 

動画が簡単に見え過ぎてしまっていますが、実際に自分でプレイしてみるとプロ選手がいかにすごいかがわかると思います。

 

 

みなさんも是非スヌーカーを一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

 

 

コーチを探す(個人)

コーチを探す(団体)

GWSブログ
スポーツコラム
メルマガ会員募集中
水下広之ブログ
LINE twitter facebook